返回顶部

日买网 > 家电、AV | 相机 > 音频设备 > 扬声器 > 一般 > 其他

  • 侦测到“故障品”字样,请与客服确认
  • 此卖家为店铺,收10%消费税
  • 此商品为海外发货,可能收取高额运费
  • 此商品注意尺寸重量限制,以免无法运输
東独 SCHULZ KSP215K 8 ” WE 757A Type Box A.R.U.搭載《 栄光のエポックが生んだスタジオ?モニター ! 》 オリジナル?シリーズ

東独 SCHULZ KSP215K 8 ” WE 757A Type Box A.R.U.搭載《 栄光のエポックが生んだスタジオ?モニター ! 》 オリジナル?シリーズ[浏览Yahoo!拍卖页面]

  • 一口价:¥12816(合185000日元)
  • 现在价格:(合日元)
  • 剩余时间:
  • 下标数目:

帐户升级,享受免保证金出价! 《会员制说明》

卖方资料

雅虎卖家:h1o9r9i1e1收藏卖家

卖家评价:599 1
店铺卖家:个人卖家
发货地址:徳島県

徳島県 到 京都 的运费参考

三边和 运费
60厘米 ¥63
80厘米 ¥78
100厘米 ¥95
120厘米 ¥110
140厘米 ¥126
160厘米 ¥141

以上仅供参考,具体以卖家规定为标准

商品参数

  • 拍卖号: v719424283
    开始时的价格:¥347 (5000日元)
    个数: 1
    最高出价者:
  • 开始时间: 2020/5/20 14:00:51
    结束时间:
    提前结束: 有可能
    商品成色: 全新
  • 自动延长: 会
    日本邮费: 中标者承担
    可否退货: 不可以
    直购价格: ¥12816 (185000日元)

拍卖注意事项

1、【自动延长】:如果在结束前5分钟内有人出价,为了让其他竞拍者有时间思考,结束时间可延长5分钟。

2、【提前结束】:卖家觉得达到了心理价位,即使未到结束时间,也可以提前结束。

3、参考翻译由网络自动提供,仅供参考,不保证翻译内容的正确性。如有不明,请咨询客服。

4、本站为代购代拍平台,商品的品质和卖家的信誉需要您自己判断。请谨慎出价,竞价成功后订单将不能取消。

5、违反中国法律、无法邮寄的商品(注:象牙是违禁品,受《濒临绝种野生动植物国际贸易公约》保护),本站不予代购。

6、邮政国际包裹禁运的危险品,邮政渠道不能发送到日本境外(详情请点击), 如需发送到日本境外请自行联系渠道。

                                                      《 ” 栄光のエポックが生んだシュルツ?スタジオ?モニター ”  心を熱くする感動が爆発する!  》                                                                                                                            《 まぶしいほど芸術性高い別世界が出現し音楽の世界が変わる! 》
     
                                                      〔 ” すべて新品 ”    シュルツの極めてレアな新品ユニット(New Old Stock)&  Box も新品!〕




 
□  東ドイツ  SCHULZ/シュルツ KSP215K  8 ”   Ferrite Magnet   WE 757A Type Box   A.R.U. 搭載
     フルレンジ?スピーカー?システム 完動中古品のペアです
     スピーカー?ユニットは極めてレアな新品(New Old Stock)です
     Box もシュルツのために新たに設計し製作した新品です
     些細なことを気にされる方や完璧をお求めの方は入札をお控えください

    〔注〕  このスピーカーは上級者向きとして製作しました
               初歩的な質問はご遠慮ください

    【ご注意】 〔 必ずお守りください 〕
■   落札後のキャンセルや返品は固くお断り致します
■   落札後すぐにお支払いできない方は固くお断り致します
■   新規IDの方  キャンセル歴のある方や悪い評価のある方は入札前に質問欄から
      購入意思をお伝えください  意思表示なき入札は削除します

■   ご質問はこの商品についてに限ります   それ以外はお答えできません

□ 《 ” 終生の伴侶 ” となるスピーカー?システムの製作 》
     極めてレアなシュルツのスタジオ?モニター用途の新品(N.O.S.)ユニットが入手できたため
     最高のスピーカー?システムを 製作したいというPASSION(激情)が湧いてきたのである
     一生モノの聴けば聴くほど惚れ込むものを目指し
     これまで蓄積してきたすべてのノウハウをつぎ込み情熱の限りを傾け製作したものである
     今回もいいものが出来たと自画自賛している

□ 《 最高級の仕上げ! 》
     Boxには国産の天然素材で出来た最高級蜜ろうクリームを
     塗布し磨き上げました
     深みのある上品な風合いになっています
     きれいな松の木目が薄っすら出るようにWEグレーの薄塗装を行っています
     薄塗装こそががいい音にする秘訣なのです
     厚い塗装や突板は板の響きを殺してしまうため音が死んでしまう

□ 《 多くのモニター?スピーカーとは次元が違う! 》  〔 これは極めて重要なことである 〕
     ほとんどのモニター?スピーカーは音楽を捨てて製作されている
     音を検査するという使命を持ったモニター?スピーカーに音楽は不要なのだ
     検査のためには音楽より正確な音の再現やテクニカル?データや
     バクテリアの数を数えるような分析が最も重要な項目であり
     第一放送局やレコード会社の技術規格及び音質テストに合格しなければ採用されることはない
     JBL4343 を始めとするモニター?スピーカーは音の検査という仕事には向いている
     当たり前である
     音楽を捨て音の検査用に作られているからである
     音楽を見捨てたのである
     そのため音楽は鳴らず唱わず聴いていても面白くも何ともない
     魂の抜けたセミの抜け殻のような実につまらない音である
     単に音がよいだけのモニター?スピーカーはいらない
     音楽が欲しいのである
     音楽の持つ幻想的な色彩やロマン的な情感やまぶしいほどの芸術性
     圧巻のジャズの凄さやPASSION(激情)の爆発
     わくわくする音楽の歓びや哀しみの涙  心を熱くする感動の世界が楽しみたいのである
     これが真理であろう
    「音楽を見捨てていない」モニター?スピーカーがここにある     

□ 《 インピーダンス特性の測定 》
1    インピーダンス?カーブの150Hz 付近が少し盛り上がっているのが
      正確に正しく動作しているA.R.U.であることの根拠であり
      A.R.U.だけに見られる特徴である
2    インピーダンスは5Ωである( 400Hz のインピーダンスの数値を読み取る )
3    fo( 低域共振周波数 )は40Hz である( 最初の大きな山の周波数を読み取る )
    
□ 《 音圧周波数特性の測定(画像10)》
     Frequency Analyzer による実測値は27-19500Hz である
     低域特性が27Hz とは驚異的である
     これまで数多く測定してきたがこんなに特性の揃ったユニットは初めてだ
     実に素晴らしい! 新品だからだろうか
     この実測値はネットの安易なコピーではなくリスリング?ルームで
     実際に聴いている環境で測定したから価値あるデータなのである
     Radiomuseum に載っている特性の数値やカタログやBox 裏面のシールに
     記載の数値を転載する賢くない無知な出品者が非常に多い
     この数値は特性をよく見せようと水増しされているので信用できない
     有名大メーカーのエンジニア氏によるとほぼ100%のメーカーが特性偽装しているという
     偽装されたいい加減な数値を転載しても何の価値もないことを出品者は認識すべきだ
     メーカーの無響室での測定と違って有響室であるリスニング?ルームでは
     ピーク(山)やディップ(谷)ができて当たり前である
     特性表のデコボコはあまり気にしなくてよい

□ 《 試聴 》
     音質評価をするにあたり東芝プロ用テスト盤にて
     ポップス  ヴォーカル  ジャズ  クラシックにて試聴した
     これはどう鳴るだろう あれはどう鳴るだろうと次々聴いていると時間(とき)を忘れてしまう

□ 《 音質 》
     特筆すべきは
     シュルツのユニットはプロ用スタジオ?モニター用途のため如何なるジャンルの音楽であろうと
     抜群に鳴らなければ使い物にならない
     音の立ち上がりと立ち下がり(過渡特性)がよく 感度や能率が高いためアンプから
     送られてくる電気信号に敏感に反応するインパルス応答が
     極めて優れているから抜群に鳴るのである

□  西ドイツや英国などの西欧には絶対にない音である
     だから強く魅かれるのである
     海の底が見えないような深い精神性や宗教性や芸術性
     天の声や魂の叫びが聴こえてくるかのような音質
     バッハのマタイ受難曲やモーツァルトのレクイエムやブルックナーを聴けば
     よく理解できるであろう
□  音楽の持つ歓びや哀しみ 心を熱くする音楽の再現性は他に類を見ないものがある
     ベルリンの壁や東欧の苦難の歴史や国民性が一層芸術性を高めたのである
     あたかも絶望的な生涯であったベートーヴェンやモーツァルトが
     数え切れないほどの名曲を遺したのと同様である
□  ドビュッシーの有名な「月の光」による心象表現は
     抹茶を点(た)てた時のように心が鎮(しず)まり穏やかに時間(とき)が流れるようだ
     こういう精神性の高い音質は他のスピーカーではなかなか得られないものである
□  あたかも目の前で生演奏を聴いているような最高のリアリティである
     ライブ会場ステージの演奏や大ホールのオーケストラの演奏が見えるかのように分かる
     わくわく楽しく実に見事に音楽を唱う
□  感度が高いため見えないライブ会場の観客の話し声やかすかな物音や
     雰囲気まで再現される
□  ヴォーカルは自分のために情感豊かに唱ってくれているかのようだ
     手を伸ばすと届きそうな感じがする
     夜静かに聴いていると歌唱が心に響き胸が熱くなり涙する     
□  ベーゼンドルファー(p)の深く豊かな音色やヴァイブやサックスやクラリネットや
     トランペットの繊細で美しい音色に感動する
□  高域が19500Hz までよく伸びて情報量が多く音楽的表現力が高まる
     天高く伸びゆく高音とその倍音が透き通るように美しい
□  27Hz までよく伸びた驚異的低音はすべての音楽の豊かさとなり音楽の基礎を築いている
     A.R.U. と相まって最も質のよい最高の低音である
  
□ 《 抜群の音質の根拠 》
1  〔 シュルツ  スタジオ?モニター用途のユニット〕
     KSP215K の極めてレアな新品(N.O.S.)ユニットがずば抜けて優秀である
     他に類を見ない抜群の音質であることは先に記載した通りである
     100%プロ用のため選別された高性能ユニットである
     悪かろうはずがない
     ハイ?グレイード音質   ハイ?スピード   ハイ?クオリティである
2  〔 A.R.U.(Acoustic Resistance Unit)〕
     音響抵抗器のことである
     密閉型  バスレフ型  バック?ロード?ホーン型  後面開放型など
     如何なる方式よりも極めて優れた低域再生方式である
     他のスピーカーでは決して得られない最も質のよい低音である
     こういう低音はいくら説明しても実際に聴いてみないと分からないであろう
     低音はすべての音楽の基礎であるため非常に重要である
     音の土台となる低音の質がよくないと音楽という建物は土台からひっくり返ることになる
     A.R.U.は英国Goodmans Axiom80で一躍有名になったものである
     オリジナルA.R.U.付きAxiom80 を使っていたことがあるので
     A.R.U.が理想的な低域再生を可能にすることを実感している
     A.R.U.はGoodmans社のMr. E.J.ジョーダンが発明しパテントを取っている
     英国科学技術誌に発表されたA.R.U.の論文(英文)を読み
     理論  構造  使用方法等を理解し研究を続け これまで多数製作してきが
     A.R.U.の製作はそう簡単ではない
     理論と構造を理解していることは必須だ
     使用ユニットの特性に合ったA.R.U.のサイズの決定や使用材料の選定
     豊富な経験によるノウハウがなければ製作は不可能である
     形だけ真似ても無意味だ
     インピーダンス特性を測定し正しく動作しているか確認も必要である
3  〔 Original Box 〕
     Box として最も優れているといわれているプロ用のWE757A を範として製作した
     一般のBox とは次元の違うものである
     材質はよく唱う質のよい松合板を使用
     松は節が多く木目のきれいなものは少ない
     数量を沢山仕入れてその中からいいものを選別して使用している
     ホームセンターで売っているものはあまりにも質が悪く使い物にならない
     松の響きのよさを生かすため突板や厚い塗装はしません
     仕上げには国産の天然素材で出来た最高級「蜜ろうクリーム」を
     塗布し磨き上げているため深みのある上品な風合いになっている
     ここまでするのは一生モノの本当にいいものを作りたいという情熱があるからだ
     優れたユニットのよさを生かせるかどうかはBox の出来次第である
     下記に記載の《 Box の製作はそう簡単ではない! 》を読むとよく理解できるであろう
4  〔 米国BELDEN社製配線 〕
     内部配線はプロ用の一流品米国ベルデン社製を使用
     音の解像力が高いため音の角がつぶれず原音に忠実な再現ができる          
     雑味がないため音が静かで透明である
5  〔 米国KESTER半田鉛 〕
     WE 御用達の一流半田鉛「KESTER RESIN CORE SOLDER 44」を使用
     よく唱い音に厚みがあり音色や倍音が美しい
6  〔 Altec Lansing 同等のネット 〕
     スピーカー?ユニット前面のネットにはアルテックの劇場用スピーカーA8に
     使用されているものと同等品の網状ネットを使用
     これにより音圧エネルギーが減衰せずよく音が飛び鈍くならない
     ジャージのサランネットではエネルギーが損なわれてしまう
7  〔 吸音材 〕
     適当に入れておけばよいというものではまったくない
     まず豊富な経験によるノウハウがなければいい音は不可能である
     どの場所に  どれだけの量  どんな種類を入れるかによって
     音がよくなったり悪くなったりする
     その判別ができなければ話にならない
     下記に記載の「ガラクタ自作品」のように馬鹿の一つ覚えで貼り付けるようではだめだ

    〔 製作には ” オーディオの美学 ” という哲学がなければならない! 〕
    
    [ A.R.U. Laboratory 研究員   Single Audio Club 会員 ]     
     
     
      

                                            《 お伝えしたいことが沢山あり長文になりました    個人の感想です    興味のないところはスルーしてください 》


■ 《 落札者から相談を受けた新作という「安物ガラクタ自作品」! 》
     テレフンケン  シーメンス  グルンディッヒ  RFT  TESLA等のユニットを新作という箱に入れた自作品のことである
     落札者から送られてきて相談を受けた箱にはテレフンケンが入っていた
     低音がまるで出ず聴くに耐えないひどい音である
     箱が悪すぎるからどんなユニットを入れてもだめだ
     素人のヘタクソ自作だから突板はデコボコであった
     第一センスがあまりにも悪すぎる
     オーディオの美学が1ミリたりとも感じられず最低
     とんだ食わせ物の「安物ガラクタ自作品」であることが分かった
     幼稚な「単に音が出る箱」は哀れに見えてきた
     この落札者は「ガラクタ」であることに直ぐに気付いたため高みへ行くことができる賢者(かしこい人)である
     自作品にはその人の音楽的教養だけでなく知性や性格 はたまた歩んできた人生までもが見えてくるものである
     だから怖いのである
     この出品者はどうなのか「安物ガラクタ自作品」が無能のすべてを物語っている

■ 《 無能な出品者と見くびられた無知な入札者!》
     ゴミとなる「安物ガラクタ自作品」でドブに金を捨てることになる見くびられた無知で賢くない入札者は
     不幸の始まりであることに気が付いていないのが最大の悲劇であろう
    「安物ガラクタ自作品」の出品者は
     箱は強固で重量があると自慢していたかと思うと こんどは軽くて響く箱がよいと言い出したり
     都合のよいように主張を変えるいい加減さであっても恥ずかしくはないようだ
     そして  すぐ文章や画像をマネする軽薄さは普通の神経ではない
     メーカーは多額の研究開発費を投入し試作を繰り返し商品化をしている
     例えると分かりやすい
     無謀にもメーカー製のオリジナルという横綱にド素人の「安物ガラクタ自作品」が
     向かっていくようなものである
     余程無知の愚か者でない限りこんなゴミとなるガラクタは相手にしない

■ 《 無くならない だます者とだまされる者! 》
     例えば
     オレオレ詐欺の被害額は8年連続300億円を超えている
     1日当たり8260万円が今もどこかでだまし取られ続けている
     振り込め詐欺被害の最高額は何と一人で5億7000万円である
     一人の会社経営者がこれだけの金をだまし取られているのである
    〔 だます者がいれば 必ずだまされる者がいる   賢い人もいれば 必ず賢くない人もいる!〕
    〔 賢い入札者にならなければならない! と言ったところでむなしい 〕
     
■ 《 ガラクタの根拠 》
1   実際に落札者から送られてきた現物を見て思っていた通り「ガラクタ」であることにを再確認した
     エレクトロニクスやオーディオや音楽の知識や教養が無い素人のヘタクソが作るとこうなるのである
2   この出品者の「非常に悪い」という評価を確認すれば
     安物の典型的な「安かろう悪かろうのゴミ!」と言っても過言ではないことが分かる
3   素人のヘタクソな自作では単に音が出るだけの箱はできても音楽が鳴るスピーカーは不可能であると断言する
     下記に記載の《 スピーカーの製作はそう簡単ではない! 》を読むと誰にでも理解できるであろう
     これまで数多くのスピーカー?システムを製作してきたから誰よりも本当のことがよく分かる
4   この出品者はジャズしか聴かないため音楽が偏っておりクラシックについての感性や教養の無さに問題がある
     ジャズ オンリーがいけないと言っているのではない
     ジャズだけでは音のよし悪しの正確で正しい判別はできないということである
     ましてや 音楽芸術の理解にはまったく程遠く不毛である
     にわかに用意したホーム?クラシックの四季ではどうしようもない
     クラシックもよく鳴るように書いているがウソはもうやめた方がよい
     音楽の教養の無さがこの出品者の致命傷と言える
5   JBL 375ドライバーと蜂の巣形ホーン使用者の音質では信用できない
     このドライバーとホーンは「選挙カーの拡声器」のような聴くに耐えないひどい音だからだ
     1960年代に音の分かっていないマニアもどきの間で「どうだ 凄いだろう!」と
     見せびらかしとハッタリで はやったものである
     ここに日本のマニアもどきの悲しい性(さが)を見る思いがする
     思い出すのはCalifornia JBL 本社で日本人に対し
     「OH!  CRAZY!(頭がおかしく正気ではない)」と叫んだことである
     音の分かる上級者は決して使わない過去の遺物であり持っていること自体恥ずかしい
     自慢そうにしているのが あたかも哀れなドン?キホーテのようでコッケイだ

    〔 JBL については1960-1980年 JBL 本社のテクニカル?マネージャー  Mr.マーティネス?ヘクターに
     テクニカル?データを教えてもらうなど やり取りしていたので誰よりも精通している 〕

■ 《 375に蜂の巣を写して意地になっているのには笑ってしまう! 》
     ここにこの出品者の性格を見ることができる
     もう  醜い無駄な抵抗はやめた方がよい    
     CRAZY(頭がおかしく正気ではない)という証を自らが示していることに気付いていない
     この出品者がまるで幼稚な子供のように これ見よがしに写している375に蜂の巣は
     音ががよく分かっていないマニアもどきがハッタリで使いたがるものである
     375に蜂の巣という とても喰えないまずいものでも まずいと感じないのは
     これまで50年間うまいものを喰ったことがなかったから優れた感性や教養が育たなかったのである
     もう一生まずいものを喰い続けていくしかない
     
■ 《 Box の製作はそう簡単ではない! 》
     それぞれのユニットのよさを生かせるかどうかはBox の出来次第である
     密閉型  バスレフ型  バック?ロード?ホーン型  後面開放型などのBox の理論を理解し
     高度の木工技術  豊富な経験  多くのノウハウの蓄積と音楽的教養及び
     優れたセンスがなければいいBox やスピーカー?システムは決して出来るものではない
     Box の形状  大きさ  板厚  材質  補強  吸音材等の研究は必須だ
     ジグソーやルータも正確に使いこなしできなければ話にならない
     組立てにはクランプや専用治具も必要とする
     ケース?バイ?ケースで釘や木ネジは使用しないことも多く接着剤は極めて重要である
     ボンドは内外の一流品を研究し理解していること
     コンデンサーや内部配線や半田鉛にも音のよいものが必要だ
     突板は音を殺してしまうので好ましくない
     第一ボロ隠しに突板をするようでは最低だ
     エレクトロニクスやオーディオの知識や教養も身に付けていなければならないことは言うまでもない
     本当に最も重要なことはポップス  ヴォーカル  ジャズ  クラシック等の名盤をよく聴き
     理解している音楽的教養が必要である
     音楽の感性や教養があって始めて音のよし悪しの正確で正しい判別ができるのである
     これらのことを完全にマスターしていなければスピーカーの製作は不可能であると断言する
     だから「Box の製作はそう簡単ではない!」と言っているのである
     自作は安くていいものが出来ると思ったら大間違いである!
     多少器用だからといって「音の出る箱」はできても音楽が鳴るものはできない


    〔 音質評価は個人差があり  客観的に評価をしたものではありません  大げさな表現でもありません
       使用する機器によっても音は変わります  演奏や音のよい名盤も必要です 〕
  
    【告】    文章や画像の まね  パクリ (盗み)  転載 固くお断りする〔 著作権法違反になります 〕

□ 《仕様》
     スピーカー?ユニット製造年                            1960年代

     スピーカー?ユニット型番                                KSP215K
 
     音圧周波数特性                                               27-19500Hz (Frequency Analyzerによる実測値)

     出力音圧レベル(能率)                                   94dB (推定)  高能率    

     インピーダンス                                               5Ω(Impedance Analyzer による実測値   DCRではない)
                                                                  
     Box寸法(mm)                                             380W    450H   200D(天)  250D(底)    
                                         
     重量                                                              5Kg (1本)
    
                                                                    

新功能上线

鼠标选中一段文字, 可以自动翻译啦!